Mia's post -ミアポス-

3分で読めるブログを目指して。英語オタク兼ミニマリストによるブログ。

「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物 (渡辺雄二)を読みました

こんばんは~。 

ついに!1番勉強したいことについて

書かれた本を読むことができました!

 

 

この本はタイトル通り食品添加物に関する内容です。

しかも写真付きで見やすい!

どんな物質がどんな病気・症状を引き起こすのか

詳しく書かれていて勉強になりました。

食品添加物って自分で知ろうとしない限りは

誰も教えてくれないですからね。

 

中でもグレープフルーツとオレンジの話は

インパクト大でした。絶対忘れないと思います。

「政府ったら何やってるの...(呆)」

って感じで、もう輸入品を食べる気が失せました。

 

それにしても無知って怖いです。

過剰に反応するのは良くないですが、

できる限り避けることは大事です。

この本を読んでるときに思ったのは

「こんなんもうほぼ毒やんwwwww」

もちろん即死するわけではなく、

少ない量がどんどん蓄積されて死に至る、

もしくは病気になるってことです。

毒を毒とは知らずに食べる...

無知とは恐ろしいですね。

 

この本を読むと自分の健康・食生活について

考え直す良いきっかけになると思います。

もっとご自身の体を大切にしてくださいね。

 

以上、Miaでした(^^)/

今週のお題「100万円あったら」私「働かない」

こんばんは、Miaです(^^)/

 

今週のお題「100万円あったら」

ってとてもワクワクしませんか?

大半の人にとって大金ですしね。

コロナがなければ海外旅行がしたかったです。

みなさんは何に使いたいですか?

 

私は働かない暮らしを実現するために

全額つぎこむと思います(笑)

超田舎に引っ越して節約しながら月10万で

約10ヶ月何もせずに暮らしてみたいです。

何もしない生活は暇だと思われそうですが

やりたいことは山ほどあります。

 

たとえば、

・プログラミングを極める

・動画編集やってみたい

・新天地なので探検(徒歩か自転車!)

・家庭菜園

・どの景色も新鮮なので写真撮りまくる

・健康的かつ節約料理を研究してみる

・読書

・運動

・絵を描く(色々あって昔やめた)

などなど。

 

仕事やお金のこととか

いろいろ考えずにのんびり暮らしながら

自分が興味をもっていることだけに挑戦したいです。

仕事しながらだとなかなか難しいので。

 

私がこう思うようになったのは、

学生時代に遊んだり、

趣味に時間を費やすことがほぼなかったからです。

勉強ばかりしていた記憶があります。

大学に入っても勉強漬けでした(外国語学部だったので)

社会人になれば転職を見据えて資格の勉強。

興味があることはいつも後回しにしてきたので

人生の休暇が欲しいなと思いました。

今でもめちゃくちゃ逃げ出したいです(笑)

 

みなさんが100万をどのように使うのか

とても気になります。

私みたいな使い方も

こんな時代だからこそ悪くはないと思います。

 

以上、

今週のお題「100万円あったら」でした(^^)/

寂しい生活 (稲垣えみ子さん) を読みました

こんばんは~!

今日はこちらの本。

 

 

うーん、正直ちょっと退屈。

というのが読み始め~中盤の感想です。

 

でも後半からは、

この言葉良いなという部分、

勉強になる部分が多かったです。

電通戦略十訓とかね。

なのでトータルで考えれば良い本でした。

後半に良さがぎゅっと凝縮されています。

 

中でも1番良かった部分はこちらです。

”モノは結局のところ人を救うことはできないのではないでしょうか。消費社会とは、モノを売ったり買ったりすることができる健康で強い人たちのためのサークル活動です。それは一方で、本当に救いを求めている人たちをはじき出していく会員制クラブに成り果てている。だからみんなはじき出されまいと必死です。”

 

最近まさに私が思ってたことなんですけど、

仲間がいた!って感じがしました。

自分だけじゃなかったんだなと思うと嬉しかったです。

 

ただ、全然清貧生活ではないんですよね。

高学歴、高収入、早期退職。

清貧という言葉には語弊がある気がします。

それに家事に時間をかけられるのは退職されたからでは…?

Amazonのレビューにも同じことを書いてる方々がいました。

もやっとする部分はこれだけで、

勉強になる本なので気になる方は

ぜひ読んでみてください。

 

今日はここで失礼します。

以上、Miaでした(^^)/

 

しないことリスト (phaさん)を読みました

こんばんは~。

こちらは昨晩読んだ本。

しないことリスト

しないことリスト

  • 作者:pha
  • 大和書房
Amazon

人生の中でやらなくてもいいことを

著者の方がリストにしてくれた本です。

phaさんの文章・世界観は最高でした。

 

中でもとくにおもしろかったのが、

「俺はもうダメだ」という儀式です。

これを'儀式'と表現するところが最高ですね。

具体的にどういうことかというと、

床に仰向けに寝転んで手足をバタバタさせたり

髪の毛を両手でかきむしったりしながら

『ウオーッ、俺はもうダメだッ、

 どうすればいいんだッ』と何回も口に出すという行為。

 

著者の方は、

「ちょっと精神がまずいので家に帰ってから

『俺はもうダメだ』するわ」

「昨日はかなりダメだったので、3回くらい

『俺はもうダメだ』してしまった」

などのやりとりを一時期していたそうです。

(ということはphaさんのご友人も...?)

 

何回読んでもジワジワくる部分でした。

 

あと、寮の先輩のイワシの話もグッときました。

特に今はコロナが流行してる状況なので

こんな話を身近にしてくれる人がいたら救われますね。

 

過去にもphaさんの本を読みましたが、

そのときの記事はこちらからどうぞ。

 

miaspost.hatenablog.com

 

今日はこのへんで失礼します。

以上、Miaでした(^^)/

 

 

「孤独」の読書術 (里中李生さん)を読みました

 

こんばんは~。

またまた本を読みましたよ。

この本では著者がいろんな本を薦めてくれます。

たとえば、成功したいときに読みたい本。

つらくて苦しいときに読みたい本など。

 

私の主観ですが、著者の方は結構毒舌な気がしました。

痛快。そしてユーモアの塊。

心にグサグサくる正論の嵐。

耳が痛い話...ではなく目が痛い話。(読書なので)

 

この本の中で好きな箇所を選べと言われたら

いくらでも選べますが、

多くの人に刺さるのはこれかなと思います。

 

"有名人を貶めて笑い、自分を高めた気になっても、

名誉は得られない。真の名誉は愛する人から

認められることであり、その愛する人も他人から

認められる寛容さや道徳を身に付けていることが条件で、

実は名誉を得ることはとても難しいことなのだ。

難しいから、人は有名人や目立った人を叩き、

自分を安易に高い場所に昇らせようとするが、

その高い場所は見晴らしは悪く、梅雨でもないのに

晴天にはならず、足場も悪く、

震度2程度で崩れてしまうものだ。"

 

良い!とても良いです。

最近はSNSでの誹謗中傷が多いですしね。

2016年に発売された本だとは思えないです。

著者の方はこうなることを予測していたのでしょうか。

 

著者の方の本の紹介の仕方が上手すぎて

紹介された全部読みたくなるくらいでした。

早速Amazonで探してみます。

 

今日はこれくらいで。

以上、Miaでした(^^)/

 

 

人生にゆとりを生み出す知の整理術(phaさん)を読みました

こんばんは~。

最近また意識的に読書の時間を

とるようになりました。

昨年は200冊程読みましたが

今年はかなり減りそうです。

 

さて、昨日読んだ本はこちら。 

ざっくりいうと勉強法に関する本です。

「賢い人はこうやって勉強するのか...」

と非常に参考になりましたし、

(phaさんは京都大学をご卒業されています)

この本に書いてあった読書メモも早速実践しました。

 

私がこの本の中で素敵だなと思った言葉は

"知識は人生を変える"

これはまさにその通りで

どんな問題に直面したとしても

まず知識がないと解決できないですよね。

それに本を読んで知識をつければ

・大変な状況から抜け出せる

・人生に別の選択肢があることを知る

ということに気づくことができます。

でも知らない人が意外に多いという事実。

 

その後に著者の方は

"人は自分の意志で環境を変えていくことができる生き物だ"

と綴っており、これにも同意ですが

意志”だけ”では少し厳しいと思っていて

意志の次にやはり知識が必要ですよね。

(知識があっても実践しない人が多いこともまた事実)

その知識を身につけるには勉強・読書だなぁと

改めて実感させられました。

 

phaさんの本、本当に勉強になります。

これから過去の著書を全て読みたいと思います。

 

今日はこれくらいで失礼します。

以上、Miaでした(^^)/

 

P.S.この本を読んでから私も上手に文章を

  書けるようになりたいと思いました...。

  (話すのも書くのも苦手ですが)

  多分言語化が下手なんだと思います、私。

たかぎなおこ先生の"はらぺこ万歳!おかわり"は飯テロである

 こんばんは、Miaです(^^)/

 

最近ずっと読みたかった本を読みました。

 たかぎなおこ先生の作品好きなんですよねぇ。

初めて読んだのはひとり旅シリーズ。

多分それが小学生くらいの時で

「大人になったら私も一人旅するんだ!」

とワクワクしながら読んでいたのを覚えています。

 

さてこちらの作品...タイトル通り飯テロです。

食生活の変化をまとめたエッセイなんですが、

ご飯の絵が本当に美味しそうで

いつ読んでもお腹が空いちゃいそうです。

しかも各地のご飯だったり、

旬の野菜の食べ方まで載っている...!

作品の中の食べ方を真似できるのが良いですね。

 

少しネタバレになりますが、

私が気になったのは茨城県の納豆ドッグ。

茨城県では有名なのでしょうか?

私はこの本で初めて知ったのですが

納豆が好きなのでぜひ作ってみたいです。

著者の方も実際に家で再現して作ったそうで、

そのときのお話も書かれています。

 

グルメ本やTVが好きな方にはもちろん、

可愛いイラストで癒やされたい方には

超おすすめです!

 

私が好きなひとりたびシリーズはこちらから。

 

今日はここまで。

以上、Miaでした(^^)/